image

創業1907年からの平野製作所 100年のあゆみ創業1907年からの平野製作所 100年のあゆみ

  1. 1907年

    1907年

    明治40年〜

    つま切り機、
    ワイシャツ止めなどの
    雑貨の製造販売


    江戸時代から伝わる鍛冶屋の技術を利用して、手作業による金属加工の金型の製造販売業からスタートしました。小型つま切り機や時計バンド、ペン先、ワイシャツ止め、たばこ入れなど、金属製造・加工を中心とした雑貨の製造販売を事業としていました。やがて大ヒット商品が次々と生み出され、この時代に養われた金属加工技術が高く評価され、1940年代からのカミソリの製造販売の時代へと成長していきます。

    つま切り機、たばこ入れ、Yシャツ止め
  2. 1940年

    1940年代

    昭和15年〜

    自社ブランド
    カミソリの製造販売


    これまでの金属加工技術が高く評価され、新製品として、カミソリの開発製造に力を入れるようになりました。この時に誕生した自社ブランドのカミソリ「キング」と「チェスト」は日本中で大ヒットし、昭和20年代、東京にある本社工場は最新機械の導入や品質のよいカミソリ刃の数々の開発などの成長を遂げていきます。

    「キング」「チェスト」の宣伝広告風景
    「キング」
    「チェスト」の
    宣伝広告風景
    • カミソリ焼き入れ
      カミソリ焼き入れ
    • カミソリ研磨
      カミソリ研磨
    • カミソリ包装作業
      カミソリ包装作業
    • 工場の昼休み
      工場の昼休み
    • カミソリ製造時代の社員旅行
      カミソリ製造時代の社員旅行
    • カミソリ製造時代の社員旅行
      カミソリ製造時代の社員旅行
  3. 1960年

    1960年代

    昭和35年〜

    プレス加工・
    プリント基板の製造


    プレス加工

    カミソリ製造ともうひとつの柱となる事業として、工場にあったプレス加工機を活用して、ガスライター部品や輸出雑貨部品の製造を始めました。

    • カミソリ焼き入れ
    • カミソリ研磨
    • カミソリ包装作業
    プリント基板製造

    プリント基板のNC・ボール盤による穴あけ外形加工を行うようになりました。当時の最新の設備でフェライトコアなどの電子部品やプリント基板の製造を行い、最新鋭の製造事業を行っていました。
    一方で、カミソリ製造の長年の技術も活かし、フルーツカッターなどの製造もしていました。

    NCボール盤の穴あけ機
    • カミソリ焼き入れ
    • カミソリ研磨
  4. 1970年

    1970年代

    昭和45年〜

    食品加工機器メーカーへ


    1970年代以降の日本での外食産業拡大を見越して、食品加工機器の研究開発に着手するようになります。カミソリ製造や最新鋭の部品製造で培った技術を活かし、コンパクトで高効率のつま切り機「つま一番」を生み出しました。画期的な商品である「つま一番」は全国のスーパーチェーン、鮮魚店、居酒屋店に選ばれる大ヒット商品となりました。その後も、研究開発を重ね、「パインピラー」や「きゅうりカッター」などのユニークな製品を次々と世に送り出し、小型食品加工機器メーカーとしてトップクラスの品揃えを持つまでになりました。特許等の無形財産も多数保有しています。事業拡大に伴い、成田に新工場を設立しました。

    パインピラー
    つま一番
    • 旧小岩工場
      旧小岩工場
    • 成田工場を建設
      成田工場を建設
    • 製品数も増え、全国の展示会にも多くの商品を出展
      製品数も増え、全国の展示会にも
      多くの商品を出展
  5. 2000年

    2000年代

    平成12年〜

    オーダーメイド、
    中・大型機など
    様々な要望に応える
    ソリューションメーカーへ


    1990年代までは小型の食品加工機器を主力としていましたが、時代と共に大型スーパーやコンビニエンスストアなどへ商業形態が移り変わり、セントラルキッチンや食品加工工場などから中・大型の食品加工機の要望が増えていきました。また、お客様のニーズも多様化していき、オーダーメイドを求める声にひとつひとつ応えてきた結果、製品数は標準製品約150種類、特注製品約3,000種類と大幅に増大しました。その中で、エアーコンプレッサーを動力とした「Air Series」などの新製品も続々と誕生。中・大型機の中でも、約3秒で大根や人参、ごぼうの皮がむける「皮むき機」は、様々なテレビ番組で紹介されました。同時に製造プロセスの改善も繰り返し、多品種少量の製品生産でもスピーディーに製品をお届けできる体制も整えていきました。現在は、ホームページや成田ショールームのリニューアル、展示会など、お客様との接点を強化。その結果、チーズや和洋菓子を扱うお客様や海外からのご要望も増え、一層の広がりを見せています。これからはソリューションメーカーとして、あらゆるジャンルの世界のお客様のお役に立っていくことを目指していきます。

    (上)
    回転式マルチピーラー
    (下)
    本体と刃物部の組み合わせで
    多彩な
    カットがラクにできる
    マルチプレスカッター
    中・大型機
    「Air Series エア・大根人参皮むき機」
    テレビ番組で紹介された
    「手動式大根皮むき機」
    • 成田ショールーム
      2014年成田ショールームがリニューアル
    • 成田ショールーム
    • 成田ショールーム
  6. 2018年

    現在

    平成30年〜

    よりハイスピードを
    目指して
    高効率と
    省人化を実現する
    大量処理機の開発へ


    現在では国内外の大手食品メーカーさまから大量処理機のご相談が増えています。中でも代表的な製品は「オートパインカッター」です。1970年代から多くのお客さまから支持を得てきた「HIRANOパインピラー」。この製品をご覧になった食品メーカーさまから専用機開発のご相談をいただきました。テーマはハイスピード、省人化、歩留まり率の向上です。試作を繰り返した結果、1時間に720玉を自動でホールカットができる製品が完成しました。また、弊社独自でも、食品業界で深刻化している人手不足を解消するための製品開発に取り組んでいます。例えば、クリスマスシーズンに大量の人手が必要となるイチゴのスライス作業に向けて、省人化と省スペースを実現した小型電動イチゴスライサー「いちごちゃん」を開発。このようにお客さまと時代のニーズに応え、より安全に、正確に、効率よく、スピーディーに、人手をかけないをテーマに独自の大量処理機開発に注力していきます。

    オートパインカッター
    オートパインカッター
    イチゴスライサー「いちごちゃん」